食べ速 ~飲食関連2chまとめ~

飲食関連2chまとめ

イギリス人「馬肉を食べるフランス人って気持ち悪い・・・」
1: ボルネオヤマネコ(神奈川県) 2013/02/23(土) 19:32:55.60 ID:hGkqSfWh0 BE:5786972699-PLT(12001) ポイント特典
 牛肉加工食品に馬肉が混入されていた偽装表示問題が、欧州全土を揺るがしている。新たに世界最大の食品メーカー、ネスレ(スイス)の製品にも
混入していたことが発覚。食品表示に対する信頼は地に落ち、特に馬肉を食べることを忌み嫌う英国は激しいアレルギー反応を示し、食肉全体の消費が
激減している。古くから貴族らが乗馬をたしなむお国柄に加え、馬肉を好んで食べるフランス人への嫌悪感が影響しているとの指摘まで出ており、
欧州連合(EU)に新たな亀裂を生む外交問題に発展しかねない状況だ。

 「わが社のDNA検査で、2種類の製品から馬肉のDNAが検出された。ただしその割合は約1%と低かった」

 ネスレは2月18日、自社製品に馬肉が混入していたことを公表した。ネスレは先週、「馬肉は一切混入していない」と発表したばかりで、消費者の信頼を裏切る結果になった。

(中略)

 欧州では混入の背景として、2008年の経済危機以降、乗馬用の馬を経済的な理由から手放す人が増えたことを挙げる声が出ている。
馬肉の値段は牛肉の6分の1程度と安く、組織的に馬肉を供給する大規模な偽装事件に発展するとの見方も。

 これに対し、英紙タイムズは「混入していたのが鶏肉ならこれほどの騒ぎにはならなかっただろう」とし、乗馬好きの国民性を拒絶反応の一因に挙げた。
さらに英国人の伝統的なフランス人嫌いを指摘する英メディアまである。

 EU所属懐疑派が台頭する英国では先月、デービッド・キャメロン首相(46)が、離脱か残留かを問う国民投票の実施を表明したばかり。
偽装業者は大陸側に集中しており、離脱論に拍車がかかりそうだ。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130223/erp13022308470000-n1.htm

1: マンクス(埼玉県) 2013/02/24(日) 01:25:28.57 ID:8JiaoRIq0 BE:2080339946-PLT(12110) ポイント特典
包み紙を開いてパクりと頬張るもの――ハンバーガーといえばそんなイメージを持つ人が多いのでは?
ところが昨年12月、“常識”を覆すハンバーガーをブラジルのハンバーガー・チェーン店「Bob’s」が売り出しました。

このハンバーガー、なんと「食べられる紙」で包まれているのです。しかも“紙ごと食べる”お手本をテレビコマーシャルで
放映するという力の入れよう(YouTubeで「Edible burger wrapper ad goes viral」で検索すると動画が観られます)。

この包み紙、見た目は本当に普通の紙。広告ではどんな素材を使っているのかは説明していません。ただ、「食べられる包み紙」自体、
実は同社が初めてというわけではありません。アメリカにも何種類か存在しており、
たとえばWikiCell、Sealed Air Corp.、Ecovative Designが、現在チョコレート、ドライフルーツ、ナッツなどから紙を作っているのです。

実は私も、食べられる紙を実際に食べたことがあります。

「Coolhaus」(http://eatcoolhaus.com/)という、ロサンゼルス、ニューヨーク、テキサス州ダラス、テキサス州オースティン、マイアミで、
トラック販売(移動屋台ですね)しているアイスクリーム・サンドイッチ屋さんがあるのですが、このアイスを載せている紙も食べられるのです。

でもこのアイスクリームの紙は、せいぜい10センチ四方のもので、
ハンバーガーをまるごと包んでいる紙にケチャップをつけて、そのままぱくぱく食べる迫力には到底かないませんが。

ゴミも出ないし、これが本当のエコかもしれませんね。 (岡 真由美)

http://www.youtube.com/watch?v=5jHfsZ7ehKk&feature=youtube_gdata_player


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130223-00000006-rnijugo-life

依頼所36
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1361553048/36

ご飯に合うみそ汁の具は何?
1: 2010/05/09(日) 01:43:50 ID:BwbNc1pm
ご飯とみそ汁は黄金コンビだと思う
しかし、味噌汁にどの具を入れると一番マッチするか?

あなたにとって、ご飯とベストカップルになれる味噌汁の具を書き連ねてほしい

コシのない麺が好きだ!!
1: もぐもぐ名無しさん 03/11/23 00:39
長崎のチャンポン・鹿児島のラーメン・伊勢うどん
名古屋あんかけスパ・ベトナムのフォー・サッポロ一番・・・

そんなコシのない麺達を心から愛するものたちよ、集え。
世間に蔓延する「コシ神話」に正義の鉄槌を!

何が讃岐うどんじゃ!
何がアルデンテじゃ!!
何が多加水手もみ麺じゃ!!!

【ウイルス】渋柿の搾り汁、ノロウイルス撃退/広島大が確認
1: エタ沈φ ★ 2013/02/19(火) 10:55:13.55 ID:???
渋柿を搾った汁からつくった「柿渋」に、ノロウイルスやインフルエンザウイルスといった
幅広い種類のウイルスをやっつける力があることを、広島大の坂口剛正教授(ウイルス学)ら
のチームが確認した。家庭での感染予防策にいかせるかもしれない。米科学誌プロスワンで
報告した。

柿渋は防腐効果のある塗料として使われていて、抗ウイルス作用が指摘されていた。坂口さ
んらは柿渋にノロ、インフルエンザ、ポリオといった12種類のウイルスの培養液を混ぜて3分
後に様子をみたら、いずれも感染力がなくなっていた。柿渋に含まれるタンニンが、ウイル
スを無力化しているらしい。

同様に植物由来のタンニンをもつ緑茶カテキンでも、タンニンの濃度を合わせて同じ実験を
したが、感染力を失ったウイルスは9種類で、ノロウイルスへの効果は不十分だった。

家庭での消毒によく使われるアルコールは、ノロウイルスを完全に死滅させることはできな
い。坂口さんは「柿渋は食品が原料なので安全性が高い。まな板の消毒用など、台所でも使
いやすい」と話す。今後、柿渋がウイルスを無力にするメカニズムを詳しく解明したいという。

朝日新聞 2013年2月17日
http://apital.asahi.com/article/news/2013021700002.html

PLOS ONE/IF 4.092(2011)
「Inactivation of Pathogenic Viruses by Plant-Derived Tannins: Strong Effects of
Extracts from Persimmon (Diospyros kaki) on a Broad Range of Viruses」
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0055343

*依頼がありました
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1361026525/4

このページのトップヘ