食べ速 ~飲食関連2chまとめ~

飲食関連2chまとめ

カテゴリ:インスタント麺

一杯250円の本格ラーメン 噂の「日清ラ王 袋麺屋」が関西進出
1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/02/15(金) 15:30:39.93 ID:???
2012年11月にJR渋谷駅構内に登場して話題になった「日清ラ王 袋麺屋」が
関西に進出することが決定しました。
2013年2月16日から3月15日までの期間限定で、阪急梅田駅内にオープンします。

醤油ラーメンではネギも"関西風" 一杯250円というリーズナブルな価格が魅力の
「日清ラ王 袋麺屋」。提供されるのは、"まるで、生めん。"でおなじみ
「日清ラ王 袋麺」を調理したラーメンで、「日清ラ王 醤油」と「日清ラ王 味噌」の
2種が彩りのあるトッピング付きで用意されます。

第2号店となる「阪急梅田店」でも、この2種類が「250円」で提供されます。
小麦の香りやもっちりとした食感が味わえる麺、香り高いスープ、チャーシューや
煮玉子など食べごたえのあるトッピングで、シンプルながらも全体の調和がとれた
一杯は、一度食べてみる価値あり。
ちなみに阪急梅田店では「日清ラ王 醤油」に使用するネギも関西らしく
「青ネギ」を採用するそうです。

場所は阪急梅田駅 2階中央改札内神戸線側。営業時間は11時から22時までで、
のみ20時まで。ラストオーダーは営業終了の30分前。
詳細は「日清ラ王」公式サイトで。

ソースは
http://news.ameba.jp/20130215-214/

■日清ラ王 http://www.rao.jp/
 2013.02.06 2/16(土)11:00 阪急梅田駅に「日清ラ王 袋麺屋 阪急梅田店」がOPEN!
 http://www.rao.jp/menya.html
dat落ちしていますが、関連スレは
【外食】「日清ラ王 袋麺」が食べられるラーメン屋が渋谷駅にオープン 1杯250円[12/10/25]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1351215973/l50

昔懐かしい「定番商品」の復刻がブーム 「サッポロ一番ほたて味ラーメン」「長崎タンメン」など
1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/02/12(火) 10:54:18.52 ID:???0
 
食品業界で新商品登場が相次ぐなか、昔懐かしい定番商品を復刻やリニューアルして、
消費を訴えるメーカーの動きも増えている。各社が懐かしの定番商品をリニューアルするのは、
即席めんやレトルトカレー市場が成熟状態にあるなか、子ども時代にその商品で育った
主婦世代に“懐かしさ”や安心感を訴えるとともに、若い世代には新しい味としてアピールする狙いがある。

即席めん大手のサンヨー食品(東京都港区)は、1964年発売の「長崎タンメン」と83年発売の
「サッポロ一番ほたて味らーめん」の2品を12日に復刻発売。エースコックも発売50周年を迎える
「ワンタンメン」の記念カップを25日に発売する。大塚食品(大阪市中央区)はレトルトカレーで名高い
「ボンカレー」の電子レンジ対応商品を12日に発売する。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020130211ceak.html

袋入り即席ラーメンの販売好調、生麺の食感で人気
1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★ 2013/02/11(月) 18:33:37.22 ID:???0
 袋入り即席ラーメンの販売が好調だ。

 東日本大震災直後に保存食として見直されたタイミングをとらえ、製麺各社が生麺の食感を再現する新製法の
商品を投入し、人気に火が付いた。主婦の節約志向の高まりも追い風となり、各社は生産設備の増強に乗り出した。

 昨年8月に関東地方などで地域限定で発売した袋麺「日清ラ王」は、「特売なしでも売れる。生産が追いつかない」
(日清食品の中川晋社長)状態が続く。

 3層構造の麺で、生麺特有の芯のコシと表面の滑らかさを再現した。カップ麺では導入済みの技術だったが、
袋麺は煮込む分だけおいしさをより引き出せるという。商品投入時には、自社のカップ麺との客の奪い合いも懸念されたが、
持ち帰り総菜や外食などの需要を取り込んで、主婦層にも大人気だ。

 同社は昨年末に生産設備を増強し、3月25日には全国販売を開始する。今夏にはさらに増強し、年間生産能力を3億食に引き上げる。

 生麺風製法で先陣を切ったのは、2011年11月に発売した東洋水産「マルちゃん正麺」で、発売後1年で2億食を販売した。
同社も15億円投じて設備を増強し、年間3億食を目指す。

 サンヨー食品も「サッポロ一番 麺の力」を昨年9月に発売し、攻勢をかける。

ソース:http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/business/20130210-567-OYT1T00394.html

このページのトップヘ